トライオートETFがさらに使いやすく!金利も大幅引き下げに!

今年、約6ヶ月間で40万円の利益を叩き出してくれたインヴァスト証券のトライオートETFですが、来年2018年からさらに使いやすくなります。

今回は来年からの変更点についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
広告大

金利が最大30%引き下げ

トライオートETFでは持っている建玉に対して、1日ごとに金利がかかっています。簡単に言うと手数料ですね。この金利が2018年1月1日から引き下げになります。今までは1.25%+Libor分の金利がかかっていたのですが、来年から0.9%+Liborになります。なかなか分かりにくいと思いますので具体的な数字を挙げておきます。

100万円分の買い建て玉に係る金利

米国株の場合:68円→58円(約15%引き下げ)
日本株の場合:32円→23円(約30%引き下げ)

ポジションを長期保有する可能性があるトライオートETFでは金利の低下は非常に魅力的なサービスですね。特に日本株の30%は非常に大きいと思います。

「ETF自動売買セレクト」バージョンアップ

すでにトライオートETFをお使いの方はほぼ皆様お使いと思います「ETF自動売買セレクト」機能がバージョンアップいたします。現在判明しているバージョンアップは以下の3点です。

マルチ機能

今までの自動売買セレクトは1つのETFを選択して稼動するものでしたが、マルチ機能はあらかじめ複数のETFでポートフォリオが組まれているものが選択可能になるとのことです。


インヴァスト証券公式ページより

上の画像では「バランス狙いポートフォリオ」としてあらかじめS&P500スリーカード、MSCIワールドスリーカード、ナスダック100トリプルスリーカードが組み込まれているポートフォリオですね。「分散投資でリスク分散したいけれど、どの銘柄を選んだらいいか分からない」という方に便利なサービスとなっています。

カート機能

カート機能とはまさに買い物カートに商品を入れるように、自動売買をカートに入れていき、自分だけのポートフォリオを作れる機能です。さらにカートに入れた自動売買を組み合わせたシュミレーションも見ることができるので、シュミレーションを参考にしながら自動売買の組み合わせや数量を変更することで利益の最大化が狙えます。「自分だけの収益率の良いポートフォリオを作りたい」という方にぴったりのサービスですね。

インヴァスト証券公式ページより

コントリビューション機能

コントリビューション機能とは自分で作ったポートフォリオを公開し、皆と共有できるサービスになります。ほかの人が作った利益率の良いポートフォリオを採用するなど様々な使い道がありそうですね。また、このコントリビューション機能を使ったユーザー参加型のイベントも予定されているとのことです。おそらくシストレ24の「俺のフルオート」のように収益率を競うイベントになると思われます。

インヴァスト証券公式ページより

以上が2018年からのトライオートETFの変更点になります。魅力的なサービスが多く、今年以上に盛り上がりそうですね。来年も株式市場は好調との予想もありますので、皆さんもこの株高に乗って、トライオートETFを始めてみてはいかがでしょうか。

FX自動売買の詳細はこちらで公開中。キャッシュバック口座の開設手順も載せています。

先日、日本のFX業者に対しレバレッジを10倍に規制するのではないかとの報道がありました。私のような小額投資家にはなかなかつらい規制で...

インヴァスト証券のトライオートETF実践公開中です。現在利益30万円超!ぜひご覧ください。

インヴァスト証券が提供しているトライオートETF。なかなか評判が良さそうですが「ETFって何なの?」「実際に儲かるの?」といった疑問...

これから申込があるIPO案件、申し込み中のIPO案件はこちらに纏めてあるのでご覧ください。

申し込み受付中、またはこれから受付の銘柄一覧 その他IPO情報

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。