IPO向け証券会社紹介~第四回「ライブスター証券」~

121273.jpg
週末恒例の証券会社も第4回となりました。今回も小額投資家にはうれしい証券会社「ライブスター証券」の紹介です。

スポンサーリンク
広告大

割り当て率

ライブスター証券のネット抽選割当率は100%と非常に高い数字になっています。ネット配分率100%の証券会社はライブスター証券、岡三オンライン証券、マネックス証券、カブドットコム証券、楽天証券、GMOクリック証券の6社しかありませんので、非常に貴重な証券会社となっています。

抽選方法

ライブスター証券の抽選方法は1人1票の完全平等抽選となっています。こちらも小額投資家には非常にうれしいシステムですね。上記の6社も全て完全平等抽選を行っているため当選の期待値は高いと思われます。

抽選時期

ライブスター証券の抽選時期は「前期型」となっております。ただBB最終日はa.m.9時と早い時間に受付を終了してしまうため、申し込みの際は早めの申し込みをすることが重要です。

資金拘束タイミング

ライブスター証券の資金拘束タイミングはIPO当選後の購入申し込み時になります。つまりBB申し込み時には資金が必要ありません。ネット配分100%で完全平等抽選の証券会社は6社ありますが、さらにBB時資金不要という好条件の証券会社はこのライブスター証券と岡三オンライン証券しかありません。これが最大の強みです。

同一資金申し込み

ライブスター証券はBB申し込み時に資金が要りませんので、取り扱いのあるIPOは全て申し込みが可能です。

IPO取り扱い数

ライブスター証券は2017年1月よりIPOの取り扱いを始めたので、実績がありません。2017年9月までの取り扱い数は5件となっています。まだ取り扱いを始めたばかりなので取り扱い数は少ないですが、今後増えるか注目ですね。

その他特徴

ライブスター証券の特徴はゲリラ的にIPOの取り扱いを発表する点です。BB開始の前日などにいきなり取り扱いが発表されます。おそらく優良IPO取り扱い発表時に口座開設の申し込みが殺到するのを防ぐためと思われます。つまり早めに口座を開設しておかなければ取り扱いを発表したときには申し込みに間に合わないということになります。

「100%ネット配分」「完全平等抽選」「BB申し込み時に資金不要」と3拍子そろった優良証券会社ですので、早めの口座開設をお勧めいたします。下記バナーより申し込みが可能です。

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。