新規公開株IPOとは


本日はJR九州などで話題になった新規公開株IPOについて簡単に解説してみたいと思います。

新規公開株とは、これから証券取引所(東京証券取引所が有名ですね)に上場する株式のことを指します。上場するに際し新たに株式を公募したり、株主が売り出すなどして上場前に一定数の株を投資家に分配します。この新規公開株に投資することをIPO投資といいます。

多くの場合、新規公開株が市場に上場すると株価が上昇します。つまり上場前に新規公開株を購入することができれば利益が期待できるということです。この新規公開株を購入するためには、証券会社を通して抽選を受ける必要があります。抽選で購入の権利が得られて初めて新規公開株を購入することができます。

新規公開株の抽選を行う証券会社は幹事と呼ばれ、一番多くの株数を配分されている主幹事とそれ以外の副幹事があります。主幹事は全株数の90%も割り当てられることもあります。

さて、新規公開株の抽選に当選することはなかなか難しいのですが、当選確率を上げる方法はあります。それは多くの証券会社から抽選の申し込みをすることです。主幹事からだけではなく、できる限り多くの副幹事からも申し込みを行うことで当選確率を上げることができます。猛者は家族名義の口座を作成し、さらに申し込み数を上げています。ですので、できる限り新規公開株の取り扱いのある証券会社の口座を開設しておくことをお勧めします。

新規公開株を取り扱っている証券会社は多くありますが、各証券会社の特徴は随時紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告大
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。