トライオートETFって何?

スポンサーリンク
広告特大

インヴァスト証券が提供しているトライオートETF。なかなか評判が良さそうですが「ETFって何なの?」「実際に儲かるの?」といった疑問があると思いますのでトライオートETFについてまとめていきたいと思います。

ETFって何?

そもそもETFとは何なのでしょうか。ETFとは上場投資信託の頭文字をとったものです。投資信託の一種なのですが、投資信託の欠点である「信託手数料が高い」「値動きがわかりにくい」「簡単に売買できない」といった欠点が解消されています。

信託手数料

通常の投資信託は信託手数料が高いという欠点がありますが、ETFは販売会社への手数料やそのファンドにかかる事務費用が安く、一般的に通常の投資信託より手数料が安く設定されています。

値動き

ETFの値動きは日経平均やTOPIXなどの指数の値動きに合わせて動くように設定されています。つまり日経平均が上がれば、日経平均連動型のETFの値段も上がることになります。指数はネットなどで簡単にチェックできるので、値動きがわかりやすくなっています。

売買

ETFはその名の通り上場の投資信託であるため、上場している市場が開いている時間なら通常の株式と同様にいつでも売買することができます。さらに株式と同様に成り行きや指値などの注文方法も使えます。

以上のようにETFは投資初心者にも投資しやすい仕掛けがいくつもある投資商品になります。日本ではまだあまり馴染みがありませんが、アメリカではメジャーな投資先になっており、過去10年でもっとも成長した金融商品と言われ注目されています。

トライオートETFって何?

インヴァスト証券が提供しているトライオートETFは、取引したいETFの銘柄を選ぶだけで自動でETFの売買をしてくれるシステムになります。ETFを選択するだけといっても、トライオートETFが取り扱っている銘柄だけで26種類もあり、投資初心者には難しいと思います(私もそうでした)。ここでは簡単なETF銘柄の選び方と自動売買の稼動の仕方をお伝えします。

入金

まずは投資資金の入金を行いましょう。入金の目安は1銘柄に対し60万円程度となります(設定の変更をすれば5万円程度からの投資も可能です)。下記画像の①をクリックし、入金額を入力して入金を行ってください。ネットバンキングがあると即時入金ができ、非常に便利です。

銘柄選び

銘柄選択について、今回は一番簡単な「自動売買セレクト」を用いて選びます。下記画像の②をクリックします。

すると次のような画面が出るので、自分の投資リスクに合ったものを選択してください。ハイリスクハイリターンなら「リターン重視」、ローリスクローリターンなら「リスク重視」になります。

リターン重視を選択した場合が下記画像になります。リターン重視以外を選んでもそれぞれの投資スタイルに合った6銘柄が表示されます。後は6銘柄の中から1つを選び、「次へ進む」を選べば自動売買を稼動することができます。因みに下記画像の①は年間収益金額、②は年間収益率、③は推奨証拠金額になります。これらの数字を目安に銘柄を選ぶと良いでしょう。

ETF銘柄の選び方はいかがだったでしょうか。非常に簡単に選べると思います。慣れてくれば自分で取引口数を変更したり、自動売買セレクトに表示されない銘柄を取引することもできるようになります。

実際に儲かるの?

ここまでいろいろ書いてきましたが「ETFはわかったけど、儲かるの?」という方が多いと思います。そこで当ブログでは実際に運用状況を報告していきたいと思います。

現在の運用状況

私は実際に2017/7/1よりトライオートETFを稼動しています。10万円を入金し「ナスダック100トリプル-スリーカード」という銘柄を運用しています。

2018/3/29現在の実現損益は+75,872円の利益となっています。

運用状況詳細

運用状況の詳細について、最新の3記事をご覧ください。

本日はトライオートETFの成果について報告します。現在は「ナスダック100トリプルースリーカード」と「MSCIワールド」を稼動してい...
本日はトライオートETFの成果について報告します。現在は「ナスダック100トリプルースリーカード」と「MSCIワールド」を稼動してい...
本日はトライオートETFの成果について報告します。現在は「ナスダック100トリプルースリーカード」と「MSCIワールド」を稼動してい...

トライオートETFについていろいろ書いてきましたが、興味がある方は下記バナーより口座開設をしてみてはいかがでしょうか。口座開設費、維持費等は一切かかりません。開設して頂けると非常に筆者の励みになります。

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする